本州の西端に位置する下関の楽しみ方をおしえます!

下関市の位置や特徴など

下関市は中国地方の西部の山口県の西端に位置する自治体で、九州側から考えると本州の玄関口です。市内を在来線・新幹線の線路や高速道路が通っており、南側は関門海峡に面しています。市内には新下関という新幹線停車駅があり、九州各地から直通であるだけでなく新大阪駅・神戸駅・広島駅あたりからでも乗り換え不要で直通です。東京から新幹線で向かう場合に関しては一度乗り換えが必要になりますが、5時間弱で到着します。市内を通る中国自動車道のICもいくつかありますので、近距離からの旅行でしたら車でやってくるのもよいでしょう。

飲食店や温泉旅館ではフグ料理を堪能できる

下関市はフグ料理のメッカとして全国的によく知られています。そして、JR下関駅周辺に広がる市街地エリアにはたくさんのフグ料理店がありますので、予算が潤沢にある場合はフグ料理を食べてみてはどうでしょうか。なお、市内には下関温泉をはじめとして中小規模の温泉地が点在していますが、温泉旅館に泊まる場合はフグの食べ放題プランがある宿がおすすめです。ちなみに海沿いの温泉地内の旅館に宿泊した場合は、室内や大風呂から海を見渡せます。

火の山公園の展望台からの景色が素晴らしい

中国自動車道・下関インター付近の火の山という低山の山頂エリアには展望台があります。こちらの展望台はロープウェイなどを利用してアクセスできますが、北九州側の景色がよく見渡せますので景色の良い場所に行ってみたい場合はこちらのスポットがおすすめです。

関門橋は夜にライトアップされる

関門海峡に架かる関門橋という全長約1kmの橋も名所の一つで、綺麗にライトアップされますので夜は是非この橋を見に行ってみてください。ロマンチックな雰囲気があるため特にカップル層には人気です。

バイザポートがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です